読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数値シミュレーション基礎01

ミッチーのライブが終わり、翌日から新年度でした。

早速ずぼらな私は3日干したままにしておいた

洗濯物からあっさりと下着が盗まれたりして

特に何もないのにあわただしい1週間を過ごすことになりました…

被害届は出しました。とても貴重な体験をさせていただきました。

いや、そんなことはどうでもいいのです。

 

今月から念願の研究室に配属になりまして、

もうはや課題が出ているのでそのお話をば。

 

課題内容は数値シミュレーションです。

具体的には差分公式による数値補間法、数値積分法、

Runge-Kutta法による数値解法、放熱型・熱伝導方程式の数値解析、

Joukowski変換を用いた翼型、翼まわりの流れ計算、

差分法によるポテンシャル流れの解析・粘性流れの解析。

…何言ってるか分からないですね。笑

要はプログラムを組んで、近似解の導出やら設計やらをしろというもの。

 

私はこれまでに学んだ言語がC一択だったので、Cでやります。

やります、が、Windowsだと非常にやりづらい。

(Visual StudioはCに対応しているけど、

重い上にCファイルを実行すると2012では無くなったはずの

PDBファイルが開けません』でエラーが返ってくるため諦めました。

私VSむり。笑)

かといってわざわざLinuxの設備を求めて大学まで行くのは億劫…

ということで友人にVertual Boxにxubuntuを入れてもらい

仮想マシン内でLinuxが作れる環境を作りました。

f:id:m_ilkboy:20130413201500j:plain

どやっ

(自分の功績ではない)

友人曰く仮想マシン内のUbuntuの格好良さと軽さは反比例して、格好良い順に

kubuntuxubuntu→lubuntu

らしいので間を取ってxubuntuを入れてもらいました。

 

この後Windows8だからか?Guest Additionsを自分で入れたのですが、

うまくいかず紆余曲折を経ました(^^;)

Guest Additionsの自動マウントまでは行くのですが、

CD/DVDデバイスに入ったのを取り出せなかったんですよね。

(↑これはWin8のせいではないと思っていたし、今でもそう思います)

結局端末エミュレータ

$ su

を入力して

権限をユーザーからホストに移して操作してました。

しかし、思ったフォルダにたどり着けても

$ sudo ./○○(ファイル名/この時はVBoxLinuxAdditionsだったかな。).run

でも開かない状況。

ええいままよ!とGoogle先生で調べ上げた末の

$ sudo -sh ./○○.run

を入力するとなぜかインストールできました。

この時のエミュレータの挙動を見る限り、

一度入れてたGuest Additionsを入れ直してたみたいで…

動かなくなったものを消して再インストールしてたようです。

皆さんも動かなくなったらお試しください。

 

次はemacsのインストール。

これは十中八九この方法でいけます。

あ、PPAから導入のほうで

$ sudo add-apt-repository ppa:cassou/emacs

を打つと勝手に

$ sudo apt-get update

は出てくるので、操作としては

$ sudo add-apt-repository ppa:cassou/emacs

$ sudo apt-get install emacs24 emacs24-el

だけで良いですね。

私は素直に24をインストールしてしまったのですが、

この2つのコマンドの間に

$ emacs

を打つと24と23のどちらでもできまっせーみたいな

メッセージが出てくるのでemacs23もダウンロードできるかもです。

(24には新機能がついてるので

特にこだわりがなければ24で良いのではないかと思いますが…)

 

で、やっと自分のPCでCができる環境になりました。

本当はこれから先のプログラミングの

具体的な内容について触れたかったのですが、

それは次回のお預けということで。

さらにLinuxUbuntuに詳しい方、訂正求ムです。w