ウルトラマリンブルー・クリスマス

f:id:m_ilkboy:20131218132327j:plain

キャラメルボックス『ウルトラマリンブルー・クリスマス』観賞

@サンシャイン劇場

お話は『素晴らしき哉、人生!』の日本版。

(というのは後で知りました。上記映画は観たことないです。笑)

主人公と出会う天使が多田直人さん演じるプロキオンか渡邊安理さん演じるシリウスで

ラスト30分のストーリーが異なるという、

相変わらず『こっちとしては両方観れて楽しいけど、

役者さんがごっちゃになって間違えないの?』と思うプログラム。w

キャラメルボックスは1舞台の期間が長いからこういうの多いですよねー。

私は多田さんのシリウスストーリーを観に行きました。

出ている率としてはほとんど主人公の阿部さんが7割位以上を占めるので、

多田さんが見たいからこっち!渡邊さんが見たいからこっち!

という感じではなかったです。

脚本もうまく引きずり込まれるテンポが心地よい。

後輩の女の子3人の台詞の言い回しなど、脚本家も役者もプロだなあ、と感嘆しました。

いつの間にか引きずり込まれ、いつの間にか号泣してました。

こんなに泣いたお芝居も初めてかもれないなあ。

 

お話の見せ方やダンスシーンなど、キャラメルボックスでしか

味わえない一体感はいくら文字にしても伝わらないと思うので

一度は生で観に行ってほしいです。

最近サポーターズクラブも学生さんは初年度年会費タダとかやってたり

平日夜公演に行ったときにB席ががら空きだったりしたこともあって

大丈夫なのかな?と思う節もなきにしもあらずなので…。笑